着やせで見せるファッションのコツ

ここで紹介するのは、太っている体型を着こなしでカバーしてスリムに見せる方法です。

これを知っていいると知らないのでは、服の選び方も変わってきますので

ぜひ、正しい着やせテクをマスターしてみて下さい。

 

着やせで見せるファッション

どうしたらいい?着やせで見せるファッションのポイント

 

まずは、ざっくりと着やせに見えるファッションのポイントを解説します。

一番大切なのは、カラダのサイズに合った服を選ぶ事です。

これは一番重要なのですが、太っている部分を隠そうとする心理で

大きめのサイズを選んでしまいがちです。

 

これは、逆効果で更にダボッとした印象を与えますので

まずは、カラダに合ったサイズを選びましょう。

 

 

服の色、素材、ガラで着やせに見える?

 

次に知って欲しいのは、服の色、素材そしてガラで痩せて見えたり太とって見える

という事です。

 

色としては、一番典型的なのは

 

白=太って見える

黒=痩せて見える

です。

 

これはぜひ自信で全身鏡などがあれ試してて見て下さい。

つまり、淡い色(白、ピンクなど)は膨張色と言われ横に広がって見える色です。

対して、濃い色(黒・紺)はスッキリスマートに見える効果があります。

 

同じ様に、素材も厚いものより薄いものの方がスマートに見えますし

ガラも大きい服よりも、小さい服。

それから縦のすストライプなども、細く見せる効果があります。

 

ワンポイントで視線をそらして着やせテク

 

一番最後に高度なテクニックですがワンポイント。

例えば首にマフラーなどを巻く事によって細くみせる効果があります。

これは、気になる体の箇所から視線を逸らす効果があります。

 

以上が、着やせで見せるファッションのコツです。

これを意識するのとしないのでは、着こなしが変わってきますので

ぜひ、取り入れて挑戦してみて下さい。

 

 

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ